一般事業主行動計画

社員が仕事と家庭、子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、 すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成30年9月1日~平成32年9月30日までの2年間

2.内容

目標1:所定外労働時間削減への取り組み

<期間>
平成30年9月1日 ~ 平成32年9月30日
<対策>
  • 各社員の業務、作業スケジュールを明確にするために社内スケジュールツールを用いて社内共有する。
  • 日報に予実差異を記載することにより、スケジュール計画を阻む事象を明らかにし、その事象を取り除くよう取り組む。
  • 個人業務を明確にすることにより、業務の分散、業務の効率化、平準化に取り組む。

目標2:育児休業期間中の代替要員の確保や業務内容、業務体制の見直しの実施

<期間>
平成30年9月1日 ~ 平成32年4月30日
<対策>
  • 育児休業の就業規則を周知されるよう、社内の告知ツールを用い社内周知をしていく。
  • 育児休業取得前、取得後面談を実施し育児休業の取得をサポートしていく。
  • 育児の都合に応じて、勤務時間の調整を可能にする。

目標3:年次有給休暇の取得促進

<期間>
平成30年9月1日 ~ 平成32年4月30日
<対策>
  • 年次有給休暇取得の現状を把握し、取得計画を策定する。
  • 一人当たり年間10日以上の有給休暇取得をできるよう啓発を行う。
ページのTOPへ